医者

確実に治したいなら下肢静脈瘤の治療は名医に預けよう

在宅で医療を行うメリット

患者と看護師

在宅医療は、自宅にいながら医療サービスを受けることができる制度です。世田谷区内に在宅医療を行っているクリニックは多数あります。電話で相談することで、利用に適しているかどうかを知ることも可能になっています。

この記事を読む

受診する科の選び方

病院

平野区の病院には内科や整形外科など様々な科があるので症状の出ている部位によって適した科を選びましょう。どの科に行けば分からない、なんとなく体調が悪いなどの場合はとりあえず最初に内科を受診すると良いでしょう。

この記事を読む

脱腸の基礎知識

腰を押さえるシニア女性

鼠径ヘルニアは、組織の老化などによってお腹を支えている筋膜が弱くなり、小腸がはみ出してしまう病気です。重症化すると腸閉塞などを引き起こすリスクがあります。治療は手術によるほかはありませんが、最近では身体への負担が軽い優れた手術法も開発されています。

この記事を読む

ここまで進化する治療法

脚

下肢静脈瘤の治療ガイド

下肢静脈瘤で名医を利用したいと思っているなら治療費の目安についての情報が掲載されているサイトを参考にしたいと感じるでしょう。

足がぼこぼこに

足の静脈内にある弁がなんらかの理由で壊れてしまうと、血液が逆流してしまいます。そうなると、足の表面にぼこぼことした瘤のようなものや蜘蛛の巣のような血管が浮き出てきます。これが下肢静脈瘤という病気です。一度発生すると自然治癒することがなく、徐々に悪化します。症状としては見た目の異常さに加えて、だるさや痒み、皮膚炎を生じたり、こむら返りなど足がつりやすくなります。むくみも酷くなり痛みを感じるようにもなります。下肢静脈瘤の治療法にはいろいろありますが、それぞれにメリットやデメリットがありますので、個々の症状に応じた治療法を選択する必要があります。どうせ治療を受けるのであれば、名医にお願いしたいところです。最近では下肢静脈瘤を専門に治療する病院も増えており、名医と呼ばれる医師もたくさんいます。

今や日帰りの時代

下肢静脈瘤の治療として根治させるには、手術において他にはありません。根治させる治療法のひとつとして、壊れた弁の静脈を引き抜くストリッピング手術があります。この手術では麻酔法の工夫により、日帰り手術も可能です。また、レーザー治療や高周波治療などの普及により、治療法の選択の幅も広がりました。下肢静脈瘤の種類によりベストな治療法を見つける必要があります。名医たちによる日々の研究のおかげで、治療の難しいケースでも日帰り治療が可能となっています。これら名医たち医師の力により、今や通院治療だけで下肢静脈瘤を治せる時代です。早く治療を始めるほど身体への負担も少なく時間をかけずにすみますし、それだけ回復も早くなります。少しでも気になることがあるのであれば、早めに専門医に診てもらいましょう。