脱腸の基礎知識|確実に治したいなら下肢静脈瘤の治療は名医に預けよう
ドクター

確実に治したいなら下肢静脈瘤の治療は名医に預けよう

脱腸の基礎知識

腰を押さえるシニア女性

重症化するととても危険

ヘルニアという医学用語は一般にもよく知られていますが、このヘルニアとは身体の組織が本来あるべき場所からはみ出していることをいいます。有名なのは椎間板ヘルニアで、これは脊椎の軟骨がはみ出してしまう病気です。一方、いわゆる「脱腸」もヘルニアの一種です。正式な用語では鼠径ヘルニアと呼ばれています。お腹と足の境目の内側の部分、つまりももの付け根のことを鼠蹊部といいますが、この鼠蹊部の皮膚の下から小腸がはみ出し、表面がぽっこりと突き出るのが鼠径ヘルニアです。鼠径ヘルニアは軽度の場合はこれといった自覚症状がなく、ヘルニア部分も手で押したりすると自然に引っこみます。しかし放置しておくと痛みを覚えたり、腸閉塞を起こしたりする危険性があるので注意が必要です。早めに医師の診断を受け、手術を行う必要があります。

日帰り治療も可能

鼠径ヘルニアは立ち仕事の人や便秘症など、お腹の筋膜に負担がかかりやすい人に多いと言われています。ただし加齢に伴って筋膜が弱くなることにより、特別なきっかけがなくて発症する人もいます。そしていったん発症すると自然に治ることはなく、また薬などでも治癒しません。根本的な治療は、外科手術によってのみ可能です。現在、鼠径ヘルニアの治療に用いられている手術法はいくつかありますが、代表的なものは2種類です。1つはヘルニア部分を切除した後に周囲の筋膜を寄せ集めて、穴をふさぐというものです。もう1つは樹脂製の補強材を体内に入れ、腸がはみ出てこないように押さえるというものです。後者の方が再発率が少なく、日帰り手術も可能であるなど身体への負担も軽いことから主流になりつつあります。